みとホーリーホック

水戸ホーリーホック

水戸ホーリーホックとは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、茨城県水戸市に本拠地を置いている。ホームスタジアムは那珂市にある笠松運動公園陸上競技場。運営会社は株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック。クラブ名の「ホーリーホック(Hollyhock)」は英語で「葵(あおい)」の意味であり、徳川御三家であった水戸藩の葵の家紋に由来している。

クラブの前身のひとつとされるのが、1990年に土浦市で誕生した「アセノスポーツクラブFC」。後に同市に工場を持つプリマハムが運営し、「プリマハムフットボールクラブ土浦」と改称した。1996年度に全国地域リーグ決勝大会で2位となり、当時のJFLへの昇格を決めるが、会社は廃部を決定。その際、1994年に水戸で創設され、茨城県リーグに参加していた「水戸FC」が受け皿となり、プリマハムFC土浦を吸収合併することとなった。運営会社のフットボールクラブ水戸ホーリーホックが設立され、クラブは「水戸ホーリーホック」としてJFLに参加した。

1999年、Jリーグが2部制に移行したことにより終了したJFL(ジャパンフットボールリーグ)に代わって、新体制となった新たなJFL(日本フットボールリーグ)に参加。同年に3位に入賞したことから、翌2000年からのJ2参加が認められた。J2参加以降は予算規模の事情などもあり、中位以下の成績を収めることがほとんどになっている。チームカラーは濃淡、2種類の青。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<443>  2009.2.5更新