しょうなんベルマーレ

湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレとは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、神奈川県の厚木市、小田原市、平塚市などの7市3町に本拠地を置いている。ホームスタジアムは平塚市にある平塚競技場。運営会社は株式会社湘南ベルマーレである。クラブ名の「ベルマーレ(Bellmare)」はラテン語の「Bellum(美しい)」と「Mare(海)」を組み合わせたもので、湘南の美しい海をイメージして命名された。

クラブの前身となったのは、1968年に栃木県で創部された「藤和不動産サッカー部」。翌1969年に栃木県リーグの1部で優勝し、入れ替え戦を経て関東社会人リーグに昇格した。1971年に関東リーグで早くも優勝すると、全国社会人サッカー選手権大会でも優勝を飾り、日本サッカーリーグ(JSL)の入れ替え戦を制してJSLへの昇格を決めた。1975年、親会社にチームが移管されたことに伴い、「フジタ工業サッカー部」と改称した。また、練習場を平塚市へと移転した。1977年にJSL1部で初優勝を飾ると、その後も好成績を収め、JSLを代表するクラブのひとつとなった。しかし、1990年に2部に降格し、そのまま1992年のリーグ終了を迎えた。

1992年からはJFLに参加。同年に運営会社の「株式会社フジタスポーツクラブ」を設立し、Jリーグ準会員加盟が認められた。1993年にJFLで優勝。「ベルマーレ平塚」と改称し、社名も「株式会社ベルマーレ」と改め、翌1994年よりJリーグに加盟した。参加初年度の1994年にJリーグの第2ステージで2位に入賞し、さらには天皇杯で優勝するなどの活躍を見せた。しかし、1998年にフジタが経営から撤退し、戦力低下などもあって成績は低迷。翌1999年にJ1最下位となって、J2への降格が決定した。

2000年、ホームタウンを広域化してクラブ名を「湘南ベルマーレ」に変更し、J2に参加。その後は昇格争いに加わることもなく、J2に定着しているが、近年は少しずつ復調の兆しも見せている。中田英寿がかつて所属していたJリーグクラブとしても知られる。チームカラーはライトグリーン、青、白。

/
/
<461>  2009.2.27更新