とくべつしていせんしゅ

特別指定選手

特別指定選手とは、大学生や高校生などのユース年代のサッカー選手に対して、トップレベルのリーグでプレイする機会を与えるという目的の日本サッカー協会(JFA)の特別指定選手制度で承認された選手のこと。高校や大学のサッカー部に所属しながら、Jリーグクラブで活動し、試合に出場できるようになる。

制度の正式名称は「JFA・Jリーグ特別指定選手制度」であり、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟サッカー部に加盟しているチームの所属選手と、Jリーグのクラブ以外の第2種日本クラブユース連盟加盟チームの所属選手を対象にしている。JFA技術委員会が推薦した選手などの中からJリーグクラブが希望する選手を選び、当人や所属チームと合意のうえ、JFAに特別指定選手としての申請を行う。JFAに承認されると、Jリーグクラブでの活動と試合出場が認められる。

なお、Jリーグの各クラブのユースチームに所属している選手(2種登録選手)がユースチームに所属したまま、Jリーグのトップチームの試合に出場することは別途認められている。

女子選手にも、男子の特別指定選手と同様の制度があり、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)に加盟していないチームに所属する大学生や高校生などの選手が、所属チームに在籍したまま日本女子サッカーリーグのチームで活動し、試合に出場できる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1308>  2011.8.11更新