ぎせいフライ

犠牲フライ 【 犠飛 】

犠牲フライとは、無死または一死で走者がいるとき、打者が外野に飛球を打ち、野手が飛球を捕球した後に、走者が本塁へ生還した場合の打撃記録のこと。飛球がファウルボールであっても犠牲フライは有効である。打者の打撃記録が犠牲フライとして記録された場合、そのプレイは打席として含まれないため、打率の計算上は無視される。

また、犠牲フライは得点が入った場合にのみ記録されるため、走者が三塁や二塁へ進塁しただけの場合は犠牲フライにはならない。その他にも、飛球先が内野であり、捕球後に走者が本塁に生還した場合も犠牲フライとはならない。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<593>  2009.9.18更新