たまかずせいげん

球数制限 【 100球制限 】

球数制限とは、野球の試合において、1人の投手の投球数を制限すること。投手の疲労を考慮し、故障を防ぐ目的で制限が設けられている。メジャーリーグベースボール(MLB)では、1試合につき、各投手100球程度を目安として球数制限が設けられているが、ルールではなく各チームの監督の裁量によって投手が降板させられる。また、チームによっては、1試合だけでなく1年間の投球数を制限している場合もある。

球数制限は、MLBではあくまでチーム内の自主規制となっているが、ワールドベースボールクラッシク(WBC)では、ルールとして球数制限が導入されている。各ラウンドごとに制限される投球数が異なり、1試合につき、1次ラウンドは65球、2次ラウンドは80球、準決勝以降は95球となっている。なお、投球数が制限に届いた場合でも、打者との対戦が続行しているときは、打席が終了するまで投球することが認められている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1541>  2013.1.11更新