だんしライフルさんしせい

男子ライフル3姿勢50m3×40M 男子スモールボアライフル

男子ライフル3姿勢とは、ライフル射撃競技の一種目。1名の選手がライフル銃を用いて規定の同心円状の標的の10点圏を狙い、3時間の競技時間の中で、伏射(Prone)、立射 (Standing)、膝射(Kneeling)の3つの姿勢でこの順番に各40発計120発を射撃し、得られる得点の多さを競う競技。射撃の正確性を競 う。射距離は50m。10点圏の大きさは直径10.4mm。女子ライフル3姿勢と異なり、各姿勢ごとの制限競技時間が設定されている(伏射:45分、立 射:1時間15分、膝射:1時間)。各姿勢の本射を行う前 に試射を無制限に行うことができる。1発の射撃ごとに、同心円状の標的のどこに当たったかに応じて0〜10点の得点が1点刻みで与えられる。同心円状のよ り中央に当たると高得点となる。また、射撃姿勢により得点も異なる。これに従い、全回数の射撃を終えた時点での総合得点が多い順番が順位となる。但し、 ファイナルにおい ては係員の号令に合わせて1発ずつ撃たなければならない、さらに小数点一桁単位での得点計算が行われ1発が10.9満点となるため得点差が開きやすくな る。

/
/
<175>  2008.6.11更新