はこねえきでんよせんかい

箱根駅伝予選会

箱根駅伝予選会とは、毎年1月2日と3日に開催される箱根駅伝へ出場する資格を得るための大会。箱根駅伝の出場資格は、前年の箱根駅伝総合順位上位10校によるシード校、予選会での上位9校および関東学連選抜チームであるため、シード校以外の大学は予選会で出場資格を得なければ箱根駅伝には出場できない。また、前年の箱根駅伝で学連選抜チームが総合順位10位以内に入った場合、シード校は9校となり、予選会の出場校が10校に増える。1校のエントリー人数は最大で14人となっており、そのうち実際に出場するのは12名である。予選会当日の朝に、エントリー人数から走らない選手を申告して12名の出場者を決める。出場者が10名に至らない場合は、欠場とみなされる。

コースは、立川市にある陸上自衛隊立川駐屯地をスタート地点とし、立川市街地を通り国営昭和記念公園をゴールとする20kmの道のりとなっている。出場校の選手全員が一斉に走るため、1時間あまりで大会は終了する。

各校の走破タイム上位10名のタイムを合計して総合順位をつけ、6位までは順位通りに箱根駅伝出場枠を得ることができる。残り3つの出場枠である7位〜9位は、関東ICポイントとタイムを合算した上で順位を改め、結果確定した順位により出場枠を与えられる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<630>  2009.10.17更新