つなとり

綱取り

綱取りとは、大相撲で大関の力士が横綱への昇進を狙うこと。また、昇進が狙える状態にあること。

横綱への昇進を最終的に決定する横綱審議委員会(横審)の内規では、「2場所連続優勝に準ずる好成績を上げた力士」を横綱に推薦できると定められている。そのため、直前の場所で優勝した大関が次の場所で好成績を修めれば、横綱に昇進できる可能性が高い。この昇進を狙える場所のことを「綱取り場所」という。

また、昇進を狙える場所の途中で2敗以上を喫して、優勝や準優勝が厳しい状態となり、横綱昇進の可能性が限りなく少なくなった場合は「綱取り絶望」などの表現が用いられる。

/
/
<1333>  2011.9.16更新