またわり

股割り

股割りとは、股割りとは、地面に座った状態で両脚を左右いっぱいに開き、上半身を伸ばした状態で前へ倒して地面につける稽古のことをいう。主に相撲の力士が一人でもできる稽古として黙々とこなしている。股割りを行うことで、柔軟な股関節や足腰を作り上げることができ、相撲の取組においてもあらゆる動きに対処できる筋肉を有し、また、激しい取組での怪我の防止にもつながる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<980>  2010.7.14更新