じゆうがた

自由形

自由形とは、水泳・競泳競技の一種目。1名の選手が任意の泳形(スタイル)で競技距離を単独で泳ぎ、そのゴール所要時間の短さを競う。競技距離により、50m、100m、200m、400m、800m、1500mの6種目がある。400mまでは男子女子種目共にあるが、800mは女子、1500mは男子種目のみ。競技は8コースある縦50メートルのプールにおいて、8名の選手の一斉スタートで行われる。コース順は、準決勝は平均分け方式、決勝は単純方式で決定される。選手は、審判長のホイッスルを合図に一斉にスタート台に上り、出発合図員の号令と共に規定のスタート姿勢をとる。競技は、スタート台からの飛び込みによって始まり、選手の身体の一部が壁に触れた時点でゴールとなる。注意点として、スタート後の15mを除き、選手の身体の一部が必ず水上に出ている必要がある、などがある。

/
/
<34>  2008.5.27更新