らくば

落馬

落馬とは、落馬とは、競馬において、レース競走中に競走馬に騎乗している騎手が手綱を放し、馬から転落してしまうこと。落馬の際には、競走中止という扱いを受ける。JRAによる日本中央競馬会競馬施行規程によれば、落馬した地点で再騎乗、もしくは再騎乗後に落馬した地点まで引き返せば競走中止とはならない、とされている。落馬した後の競走馬はカラ馬と呼び、カラ馬の状態でゴールに入線しても着順として認められることはない。また、カラ馬に該当する馬番を含んだ勝馬投票券の購入金額の返還もされない。

落馬の定義は、騎手の身体の一部が地面に触れた時点、となっており、手綱にしがみついて地面と接していない場合は落馬と見なされない。

また、競走馬は最大で時速70km弱ほどで走るため、落馬の危険性も非常に大きく、過去には落馬が原因で落命、または重度の故障を余儀なくされてしまった騎手も少なくない。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1067>  2010.9.2更新