しょうきんおう

賞金王

賞金王とは、あるスポーツのジャンルで、年間に稼いだ賞金の総額が最も高かった者のこと。賞金の多さは実力に比例するため、実力の高さの基準としても見られる。

男子ゴルフでは、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が管理するおよそ25のゴルフツアーおよび海外の4大メジャー大会で得た賞金の総額が最も高かった者が賞金王となる。この制度は1973年より実施されており、2009年終了時点では尾崎将司による11回の賞金王獲得が最高となっている。また、2009年には石川遼が最年少の18歳で賞金王を獲得している。

米国ではPGAツアーの賞金王制度があり、2009年終了時点ではタイガーウッズによる8回の賞金王獲得が最高となっている。

ゴルフ以外では、競艇に賞金王がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<961>  2010.7.2更新