はしりはばとび

走り幅跳び

走り幅跳びとは、陸上フィールド競技の跳躍種目。男子種目・女子種目共にあり。フィールド上の助走路及び砂場で水平跳躍を行い、その跳躍距離の大きさを競う。選手は、ま ず助走路で助走を行った後、砂地の前方の端から2m前に設置された踏切板で踏み切りを行い、砂地へ跳躍を行う。砂場にできた選手の身体の痕跡の内、最も踏 切地点に近い ものを着地点とし、その着地点と踏切板との距離が記録となる。各選手3回までの試技を行い、上位8名はさらに3回の試技を行いその中での最高の成績の比較 で順位が決まる。世界記録は、男子が米国のパウエルによる8m95、女子が旧ソ連のチスチャコワによる7m52(2008年3月時点)。紀元前700年に 古代ギリシャで七種競技の一環と して行われたのが起源。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<14>  2008.5.27更新