きんだいごしゅ

近代五種 【 ペンタスロン 】

近代五種とは、一名の選手が、射撃・フェンシング水泳・馬術・ランニングの5種目をこの順序で一日にこなし、そのスピードを競う競技種目。優勝順位は、最終種目のラン ニングでのフィニッシュライン到達順位で決まる。最初の射撃では、各選手が40秒以内に10メーター離れた距離から、17センチメートル四方のターゲット をエアピス トルで20発撃ち、その正確性を競う。次のフェンシングでは、各選手がエペによる総当り戦方式で勝敗を競う。水泳では、200メートル自由形でゴール所要 時間の短さを競う。馬術では、12個の障害が設定された350〜400メートルのコースで障害馬術種目を行う。最後のランニングでは、それまでの4種目で の成績に応じたハンディキ ャップが課された上で、3000メートルを走りゴール所要時間の短さを競う。本種目は、性格の異なる種目を短時間で一度にこなすことから体力と精神力が要 求される。2000年の夏季オリンピックシドニー大会から、従来の男子種目に加え女子種目が行われるようになった。

/
/
<33>  2008.5.27更新