せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい

選抜高等学校野球大会 【 センバツ 】

選抜高等学校野球大会とは、高校野球部が全国制覇をかけて戦う春の野球選手権。日本高等学校野球連盟と毎日新聞社が主催している。1924年に第1回大会が開催された。トーナメント方式で優勝を争い、各試合の延長15回までに勝敗がつかなかった場合は、後日再試合が行われる。優勝校には紫紺の優勝旗が贈られる。

開催地は甲子園球場で、毎年3月下旬から4月上旬まで行なわれる。各地区の秋季大会の結果などから選考委員が出場校を決める通常枠のほか、2001年の第73回大会より21世紀枠という出場枠が設けられた。また、2003年からは明治神宮大会枠という出場枠が設けられ、前年11月に行なわれた明治神宮大会の優勝校の所属する地域の枠が1つ増えることとなった。

なお、一般選考の通常枠は、北海道1、東北2、関東6、東海2、北信越2、近畿6、中国四国5、九州4の28校となっており、21世紀枠と明治神宮大会枠と合計して全32校が優勝を争う。

  • 甲子園  【全国高校野球選手権大会】
  • 21世紀枠  【二十一世紀枠】
  • MLB  【メジャーリーグ】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1416>  2012.4.2更新