かんさいどくりつリーグ

関西独立リーグKANDOK

関西独立リーグとは、日本における野球の独立リーグのひとつ。NPO法人の和歌山野球振興協会夢クラブが運営している。2回のカップトーナメント戦と前後期各60試合のリーグ戦が行われ、リーグ戦の優勝チーム同士がリーグチャンピオンシップを戦う。参加している球団は、兵庫県の明石レッドソルジャーズと兵庫ブルーサンダース、大阪府のソウルヘチと大阪ホークスドリーム、和歌山県の紀州レンジャーズらの6球団。

2008年に四国アイランドリーグ創設者である石毛宏典らによって構想が発表され、大阪、兵庫、和歌山に本拠地を置く4球団の参加によって発足。日本における3番目の独立リーグとして、2009年3月に開幕した。その後、リーグ運営会社の撤退や球団の脱退、参入予定球団の参入取りやめなどがあり、現在の形となった。なお、リーグ運営母体はNPO法人となったが、各球団は株式会社として組織されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1157>  2011.2.9更新