なんど

難度

難度とは、体操競技の技の難易度を表す階級のこと。A得点採点時の基準となる。試合中に実施された技の難度を判断した後、難度に応じた得点を加算する。A(0.10)、B(0.20)、C(0.30)、D(0.40)、E(0.50)、F(0.60)難度の6つ(女子種目はG難度(0.70)までの7つ)の階級に分けられ、この順に難しい技ということになる。2006年の10点満点ルールの廃止により、現行ルールでは難度が高い技をするほど総合得点がのびやすくなるため、難度の高い技への指向が高くなっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<302>  2008.8.26更新