たかまどのみやユーじゅうはちサッカーリーグ

高円宮杯U-18サッカーリーグ

高円宮杯U-18サッカーリーグとは、2011年から開催されている18歳以下の第2種加盟チームによるサッカーリーグ戦の総称。日本サッカー協会(JFA)が主催している。

前身は2003年に創設された「JFAプリンスリーグU-18」。全国を9リーグに分けて戦い、各上位チームが「高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会」の出場権を得るものだった。2011年から、プリンスリーグの上位となるプレミアリーグが新設されることとなり、現在の形になった。

各都道府県にて行う都道府県リーグ、全国9地域に分けて行うプリンスリーグ、10チームずつ東西に分けて行うプレミアリーグという3部制のリーグ構成となっており、さらに東西のプレミアリーグ優勝チーム同士によるチャンピオンシップが頂上決戦として行われる。

都道府県リーグとプリンスリーグ、プリンスリーグとプレミアリーグには昇降格がある。プリンスリーグでは各地域下位のチームが都府県リーグに自動降格し、参入戦を勝ち上がってきた下部リーグのチームと入れ替わる。プレミアリーグでは各地区下位2チームがプリンスリーグに自動降格し、プリンスリーグの各地区上位チームによる参入決定戦を勝ち抜いたチームが昇格する。

/
/
<1580>  2013.7.31更新