こうちトレーニング

高地トレーニング 【 高地合宿 】

高地トレーニングとは、高地トレーニングとは、標高の高い場所で行うトレーニング方法のことである。空気中の酸素が少ない高地でトレーニングすることにより、低酸素状態を回避しようとする呼吸循環機能を鍛え、心肺機能を高めることができる。低地でトレーニングした場合よりも、少ない運動量で同様の呼吸循環機能、心肺機能を鍛える効果が生まれるため、足や肩など身体への負担を抑えながらトレーニングができる。ただし、高地は重力の影響が低地よりも小さくなるため、筋力におけるトレーニングには向いていない。

低酸素状態に身体をさらすことで、赤血球が増加し、より多くの酸素を体内に運ぼうとする。赤血球が増加することで、筋肉のエネルギー生産に必要な酸素量が増え、持久力の増加に繋がる。赤血球はすぐに減少し戻ることはないため、高地トレーニングで赤血球を増加させた状態で、平地の競技に挑むことで、より長時間パフォーマンスを維持することができると考えられている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<873>  2010.6.1更新