こうざんびょう

高山病

高山病とは、標高1800mから2500mを超える場所において、血中酸素濃度が低下することで起こるさまざまな症状のこと。登山をはじめとして海外の高所地点への旅行などでも発症する。重症の場合は死に至ることもある。病気ではなく一時的な症状であり、標高の低いところへ移動することで回復する。

おもな症状は、頭痛や吐き気、めまいであり、二日酔いの症状に似ているため「山酔い」とも呼ばれる。高地に到着後6時間から12時間後に症状が現れ始める。重症になると高地肺水腫や高地脳浮腫を引き起こす。高地肺水腫では平静時の息切れやチアノーゼ、極度の疲労などの症状が現れ、高地脳浮腫では歩行障害や昏睡状態、異常行動などの症状が現れる。

高山病の予防策としては、一気に標高を上げずに休憩を挟んだり歩行速度をゆるめて身体を高所に慣らすこと、呼吸を意識し酸素を十分に取り入れること、水分補給を十分にすることなどがある。また、携帯酸素缶で酸素を取り入れることも症状を緩和するには有効だが、あくまで一時的な処置であり身体を高所に慣らすことが必要である。高山病の症状が現れた際は、高度を上げずに回復を待ち、数時間休息しても回復が見られない場合は、500mから1000m以上高度を下げる必要がある。回復した後は登山を再開しても構わないが、回復しなかった場合はさらに高度を下げるか下山することになる。

日本国内では標高3776mの富士山や標高2000mを超す日本アルプスでの登山、海外では人気の旅行先である南米ペルーのクスコやボリビアのラパスが標高3000m以上であり、高山病に注意が必要である。高山病にかかりやすいかどうかは個人差があり、事前の判別はできない。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1588>  2013.10.25更新