こうそくみずぎ

高速水着

高速水着とは、早く泳ぐことを目的として作られたラバー製やポリウレタン製の水着のこと。イギリスのSPEEDO社が開発したレーザーレーサー(LR)に代表され、2008年の北京オリンピックではレーザーレーサーを着用した選手による世界記録が続々と打ち出された。

その後、高速水着による記録への影響を懸念したFINA(国際水泳連盟)は、2009年の会議において水着の素材に関するルールを改訂した。加盟国の大半の賛同により、水着の布地には織物以外の素材は認めないという規定が盛り込まれ、2010年から施行されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1448>  2012.5.23更新