かしまアントラーズ

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズとは、 Jリーグに加盟するクラブであり、強豪クラブのひとつとして数えられている。本拠地は茨城県鹿嶋市とその近隣地域。ホームスタジアムは茨城県立カシマサッカースタジアムである。株式会社鹿島アントラーズFCが運営している。クラブ名の「アントラーズ」は「Antler(鹿の枝角)」の複数形。地域で有名な鹿島神宮の「鹿」にちなんでいて、枝角には茨城県の「茨」という意味合いも含んでいる。

クラブの前身は1947年に大阪で発足した住友金属工業蹴球同好会。後に、会社から支援を受ける蹴球団となり、日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格して、1975年には茨城県鹿島町(現鹿嶋市)に移転した。1985年にはJSL1部に昇格するものの、定着することはできず、数年ごとに1部と2部を行き来していた。1990年、プロリーグ設立の準備をしていたJFAよりリーグ参加の打診を受けた住友金属は県や自治体に働きかけ、スタジアムの整備などの参加の諸条件をクリアして、Jリーグに参加する10団体のひとつに選ばれた。

1991年にチーム名が「鹿島アントラーズ」に決定し、自治体や地元企業の出資により運営会社の鹿島アントラーズFCが設立された。ブラジル人サッカー選手のジーコらを獲得した鹿島は、1993年にJリーグが開幕すると快進撃を見せ、第1ステージの初代チャンピオンに輝いた。その後も好成績を収め、2007年にはJリーグ、Jリーグカップ天皇杯という国内3大タイトルでの通算優勝回数が10を超えて、Jリーグのクラブで初めて10冠を達成した。チームカラーは「アントラーズレッド」と呼ばれ、臙脂色やワインレッドに近い赤色となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<429>  2009.1.31更新