にだんグリーン

2段グリーン

2段グリーンとは、高さが異なる面が2つあるグリーンのこと。通常の2段グリーンは正面から見て奥の段が高く、手前の段が低くなっており、境目の部分が急傾斜となっている。

カップがある段とは異なる段からパッティングする際は、パッティングの強さに注意が必要となる。低い段から高い段へのパッティングは通常より強く打つことが要求され、高い段から低い段へのパッティングは弱めに打つことが要求される。後者の場合は急傾斜で勢いに乗ったボールがグリーン外に出てしまうこともあり、大きなミスにつながりやすい。

ショットで2段グリーンを狙うときは、ピンのある段にボールを乗せることを優先することが基本的な戦略となる。ピンが手前の低い段にある場合は、グリーンに無理に乗せようとせずにグリーン手前を狙うことも有効である。

短いアプローチでは、低い段の方から高い段にあるピンを狙う場合、弱い打球であれば傾斜を上りきらず低い段に留まってしまうため特に注意が必要となる。打球を傾斜に当ててワンクッションさせることで勢いを殺し、ピンに寄せることが望ましい。

/
/
<1572>  2013.5.14更新