さんぜんめーとるしょうがい

3000m障害

3000m障害とは、陸上・トラック競技の一種目。男子種目・女子種目共にあり。28台のハードル障害と、ハードルの後に設置される7個の水濠障害を乗り越えながら競技距離 3000mを走り、そのゴール所要時間の短さを競う。競技は1周400mのトラックで行われる。スタートは、スタンディングスタートで行い、ゴールは、選 手の胴体のいずれかの部分 が決勝線に触れた瞬間に判断される。本種目用のハードルは奥行き127mmと、ハードル走用のハードルよりも大型である。また、水濠の長さは男子が 3.66m、女子が3.06m。本種目において、選手は約100mに一回跳躍をせねばならなず、そのためのスピード維持とペース配分が勝敗を大きく分け る。世界記録は、男子がカタールのシャ ヒーンによる7分53秒63、女子がロシアのガルキナによる8分58秒81。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<7>  2008.5.27更新