スリーオンスリー

3on3

3on3とは、ストリートバスケットボールが発祥のバスケットボールの試合形式のこと。通常5人対5人で試合を行うバスケットボールに対し、3on3では3人対3人で試合を行う。スリーオンスリーと読む。コートは、通常のバスケットコートの片側一面だけを使ったハーフコートのみを使用し、攻守交代時はプレーを止め、セットしてからゲームが再開される。

共通した大まかなルールはあるものの、発祥がストリートバスケであるため、厳密な共通ルールは存在しない。そのため、大会ごとにルールに差異が生じてしまう競技となっている。

2010年のシンガポールユースオリンピックでは、男女共にバスケットボールの正式競技として3on3が導入され、世界的にも注目が集まっている。

ユースオリンピックで使用される3on3ルールは、5分×2ピリオドの試合形式であり、また、どちらかのチームが33得点した時点でも試合が終了するものとなっている。攻撃時のショットクロックバイオレーションは14秒で、攻守交代時は3ポイントエリア外からスタートしなければならない。

  • HP  【ハーフパイプ】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1055>  2010.8.25更新