しーおーつーインフレーター

CO2インフレーター

CO2インフレーターとは、 携帯用の自転車用空気入れの一種類のこと。あらかじめ圧縮した炭酸ガス(CO2)をタイヤチューブに充填することで、瞬時にタイヤの空気圧を適正にする空気入れである。炭酸ガス(CO2)が詰められた細長く小さな鋼製容器(CO2カートリッジ)と一緒に用いる。CO2インフレーターの一辺をCO2カートリッジに、もう一辺をタイヤチューブのバルブに接続すると、CO2カートリッジ内の炭酸ガスがCO2インフレーターを通じて自動的にタイヤチューブ内に充填される。

一般的な空気入れとは異なり、手動などの労力を必要としない上に、数秒足らずで適正空気圧にすることが可能で、使い勝手が良い。また、サイズも小さめであり、携帯しやすい。一方で、炭酸ガスはゴムに対する透過率が高く、混合気体である空気に比べてチューブから抜けやすいという難点もある。また、CO2カートリッジは消耗品であり、使用の度に買い換える必要があるため、割高である。そのため、常用空気入れとしては適さず、あくまで応急処置のための携帯用として用いられることが多い。

CO2インフレーターは、通常アルミ合金などの素材からなる。CO2インフレーターには、両側にバルブ接続用の穴とCO2カートリッジ接続用の穴を備えただけの小ぶりのものと、片側にバルブ接続用の穴を、もう片側にCO2カートリッジ収納用の容器が付いた大ぶりの2種類の形がある。前者はより安価であるが後者より使用時の空気漏れが起こりやすく、後者はCO2カートリッジの固定力が高く空気漏れが起こりにくいが、前者よりも価格は高い。また、タイヤの圧力を示す圧力計が付いたものもある。

なお、CO2インフレーターのバルブ側口金には、バルブの種類によって、米式と仏式があるが、米式と仏式の互換性のある口金のものもある。炭酸ガスのゴムに対する透過率の高さから、一般的には、CO2インフレーターの使用後には、タイヤチューブ内の気体をすべて抜いて、空気を入れ直すことが勧められている。ただし近年では、CO2インフレーターでも一年以上適正空気圧を維持できるとするものも販売されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<487>  2009.4.23更新