フィーファクラブワールドカップ

FIFAクラブワールドカップ 【 TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ 】

CWC

FIFAクラブワールドカップとは、年に一度開催されるサッカーのクラブチーム世界一を決める大会のこと。FIFAの主催によって行われ、FIFA傘下の全6大陸連盟の代表クラブチームが出場する。アジア、アフリカ、北中米カリブ海、南米、オセアニア、ヨーロッパの各地域の代表のほか、開催国の代表が参加する。なお、開催国のクラブチームが各地域の代表になった場合は、開催国代表の代わりに開催国以外の当該地域最上位チームが参加する。大会はトーナメントによる1試合ずつのノックアウト方式で行われる。

2000年にブラジルで開催されたFIFA世界クラブ選手権が第1回大会とされる。翌年、第2回大会が開催される予定だったが、FIFA代理店のISL社が倒産したことなどにより中止となった。その後、ヨーロッパ代表と南米代表が対戦する大会として毎年日本で開催されていたトヨタカップに代わる大会として、2005年にFIFAクラブワールドチャンピオンシップトヨタカップジャパンが開催された。そして、2006年より現在の名称であるTOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップとなった。2007年大会では、日本のクラブチームとして初めて参加した浦和レッドダイアモンズが世界3位となった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<338>  2008.11.21更新