フィーファじょしワールドカップ

FIFA女子ワールドカップ 【 女子ワールドカップ 】 女子W杯

FIFA女子ワールドカップとは、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する女子サッカーのナショナルチームのサッカー選手権大会のこと。1991年に第1回大会が開催され、その後は4年に1度開催されている。当初の正式名称は「FIFA女子世界選手権」であったが、2003年の第4回大会以降は「FIFA女子ワールドカップ」が正式名称となっている。開催されるのは男子のワールドカップが行われた翌年となっており、夏季オリンピックが行われる前年にあたる。

本大会に参加するのは16チームである。各大陸のサッカー連盟ごとに出場枠が決まっており、各連盟の方法によって出場チームが決まる。アジアサッカー連盟(AFC)の場合、女子アジアカップがワールドカップの予選を兼ねていて、優勝、準優勝、3位チームがワールドカップ本大会に出場できる。欧州サッカー連盟(UEFA)では、ワールドカップ出場のための予選大会を行っている。

本大会では、16チームを4つのグループに分けて1試合総当りのグループリーグを戦い、各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出する。決勝トーナメントは1試合ずつのノックアウトラウンドとなっている。男子サッカーの場合、オリンピックのサッカー種目に年齢制限が設けられているが、女子サッカーはA代表がオリンピックにも出場できるため、ワールドカップとオリンピックが同程度に重要な大会となっている。2015年の第7回大会からは、本大会の出場チーム数が24に拡大する。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1280>  2011.6.30更新