アイナックこうべレオネッサ

INAC神戸レオネッサ

INAC神戸レオネッサとは、なでしこリーグに所属する女子サッカーチームのひとつであり、兵庫県神戸市に本拠地を置いている。ホームスタジアムは、ホームズスタジアム神戸と、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、姫路市陸上競技場。チーム名の「レオネッサ」はイタリア語で「雌ライオン」の意味。運営主体はNPO法人アイナックだが、株式会社INACコーポレーションに運営管理を業務委託している。

プロ契約をしている選手は一部のみで、残りの選手はアマチュア契約である。アマチュア契約の選手はチームの関連会社の社員となっているが、社業は免除されており、サッカーに専念できる環境にある。

2001年4月に総合スポーツクラブの「INAC」が神戸市に設立され、同年11月に女子サッカーチームの「レオネッサ」が誕生した。2004年にNPO法人となり、2005年からはL・リーグ(後のなでしこリーグ)2部に加盟。2005年に2部で優勝を遂げ、2006年から「なでしこリーグディビジョン1」となった1部に昇格した。2011年元旦に決勝が行われた全日本女子サッカー選手権大会で優勝し、チームとして初タイトルを獲得した。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1340>  2011.10.3更新