ジェーリーグせんしゅきょうかい

Jリーグ選手協会JPFA J.League Pro-Footballers Association

Jリーグ選手協会とは、 Jリーグのクラブに所属するプロサッカー選手によって構成される組織のこと。プロサッカー選手を取り巻く環境の改善に取り組むほか、サッカー文化の普及や振興を目指す活動や社会貢献活動などを行っている。J1、J2の各クラブに所属する日本人選手のほとんどと一部の外国籍選手が加入している。

Jリーグ選手協会は、個人事業主であるプロサッカー選手がフィールド上で能力を発揮できるように、選手の立場で発言し、選手やサッカーを取り巻く環境の改善についてJリーグJFAに働きかけている。具体的には、契約制度や移籍ルールの改善について働きかけたり、自由契約になった選手などが参加するトライアウトをJリーグと共同で運営したりしている。また、負傷や退団時などに備えた共済制度の運営も行っている。

国際的なプロサッカー選手の組織としては、国際プロサッカー選手連盟(FIFPro)が存在する。FIFProは1965年に欧州5カ国のサッカー選手協会の代表によって発足し、現在は約40カ国の選手協会が加盟している。Jリーグ選手協会は、1994年に当時の川渕三郎Jリーグチェアマンの呼びかけにより設立準備が開始され、翌々年の1996年に設立された。また、2000年からはアジアでは初めてFIFProに正式加盟している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<417>  2008.12.24更新