ジェーリーグ

Jリーグ 【 日本プロサッカーリーグ 】

Jリーグとは、日本におけるサッカーのプロリーグ。プロサッカーを通じて、日本サッカーの水準向上やサッカーの普及促進を図ることなどを目的としている。トップリーグであるディビジョン1と下部リーグのディビジョン2があり、リーグ戦およびリーグカップを日本サッカー協会(JFA)とともに主催している。

アマチュアのサッカーリーグしかなかった1991年にプロリーグ設立準備室が開設され、同年、社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が設立された。1992年にはJリーグヤマザキナビスコカップが開催され、翌1993年にJリーグが開幕した。開幕時は10クラブによる1リーグ制であったが、新しいクラブが加盟していったことによって、1999年には現行の2リーグ制に移行した。

リーグ戦ではシーズン終了後に、ディビジョン1の下位クラブとディビジョン2の上位クラブで入れ替えが行われる。また、アマチュアのサッカーリーグである日本フットボールリーグ(JFL)などから、条件を満たしたクラブがディビジョン2への加盟を認められることがある。Jリーグの各クラブはホームタウンと呼ばれる本拠地において、地域社会と一体となったクラブ作りにより、サッカーを振興、普及することが求められている。

/
/
<370>  2008.12.3更新