カーズ

KERSKinetic Energy-Recovery System 運動エネルギー回生システム

KERSとは、自動車がブレーキを掛けた時のエネルギーを回収、蓄積し、動力として再利用するシステム。2009年にF1世界選手権で導入された。使用が義務付けられた訳ではなく、あくまで任意とした。

規定では1周あたりの出力を60kW(約80馬力)まで、エネルギーの保存量を400kJまでに制限している。1周あたり6.7秒間に渡って80馬力を追加することが可能。ドライバーは自由なタイミングで使うことができ、特にストレートで使われることが多い。約40kgのKERSを搭載することで、車体バランスを取ることがこれまでより難しくなった。

いくつかのチームが2009年開幕戦から利用した。当初は装着したいずれのチームもレースでの優位性を発揮できなかったが、徐々に改良されていった。

/
/
<543>  2009.8.14更新