スポーツ辞典 s-Words
すいちゅうどく

水中毒

水中毒とは、多大な発汗と水の大量摂取によって引き起こる中毒症状のこと。陸上競技、特にマラソンなどで見られやすい症状で最悪死亡にまで陥る可能性がある症状となっている。この場合の「水」とは、単なる水のことであり、スポーツ飲料やジュースなどの水分は指さない。

大量の発汗をすると、体内からナトリウムが水分と一緒に排出されてしまうので、ナトリウムを含まない水を大量に過飲することで体内のナトリウム濃度を下げてしまい、疲労感や昏睡症状、呼吸困難など様々な症状を引き起こしてしまう。また、過剰な水の摂取により肝臓の水処理能力を超えてしまい、体内の細胞が膨張することで低ナトリウム血症に陥り、疲労感や頭痛、最悪では昏睡状態を引き起こしてしまう可能性がある。

熱中症予防で注目される水分摂取であるが、ナトリウムを含まない水分を過剰に摂取してしまうことは身体にとっては逆効果となりうる。

  • 分野
ご意見や追加希望はこちらへ : 
 (検索はページ右上です)
 
© 2006- GOGA