スポーツ辞典 s-Words
じだきゅう

自打球

自打球とは、野球の試合で打者が打ったボールが打者自身の体に当たること。また、その当たったボールのことをいう。自打球となったボールは、どの場所に着地してもファウルとなる。ただし、自打球になるのは、打者が打席を出ていない場合に限られ、打席以外の場所でフェアボールに触れるとアウトとなる。

自打球がおもに当たるのは、腕や脚であるが、場合によっては顔などに当たることもある。また、自打球に勢いがあると、骨折などの大きな怪我を負うケースもある。

  • 分野
ご意見や追加希望はこちらへ : 
 (検索はページ右上です)
 
© 2006- GOGA