スポーツ辞典 s-Words
いだてん

韋駄天

韋駄天とは、バラモン教と仏教における神の名前である。仏舎利と呼ばれる釈迦の遺骨を奪って逃げた者を走って追いかけ、ついには奪い返したことから、よく走る神として知られる。また、盗難除けの神でもある。これらの逸話から、現代では足の速い人のことを韋駄天と称する。

特に、野球やサッカーの分野において、その業界で際立って足の速い選手を韋駄天と呼ぶ。競走のスポーツではないものの、足が速いことで自分の所属するチームに大きく貢献する場合に、韋駄天と持てはやされることがある。

  • 分野
ご意見や追加希望はこちらへ : 
 (検索はページ右上です)
 
© 2006- GOGA